TOPページ > 屋根・外壁塗装「壁面防水」 > 「壁面防水」塗装とは?

屋根・外壁塗装「壁面防水」

きれいにするだけの塗り替えは時代遅れです。当社は防水を基本に考えます。
これからはペンキの塗り替えとは言わず「壁面防水」と呼んでください

壁面防水とは?

屋根や外壁の防水効果は通常5〜6年ほどで低下しカビや藻類が発生しやすくなります。防水効果がおちると、ヒビ割れなどの症状が現れ、雨水の浸入によって、家屋全体に悪影響を及ぼすことになりますので、雨漏りやヒビ割れなどがひとつでも見つかったら、外観リフォームの時期です。手当てが遅れるとその分補修費がかさんでしまうのです。 

雨漏りの前兆

1.外壁のひび割れ  
2.塗料の劣化

外壁
ツヤがなくなった
色褪せてきた
手で触ると粉っぽい(チョーキング現象)
剥れている

※木部の塗膜劣化は、外壁に比べ進行が早いので、
 こまめにチェックしてみて下さい。
3.壁や天井のカビ
 ( 危険度大 )
腐食しているケースもあるので早めの点検が必要です。

外壁の素材による傷みの違い

こうなってしまったら、一刻も早く対策を!

築7年サイディング モルタル 木造

築7年サイディング

防水効果が失われ、
変形してヒビ割れが…

モルタル

モルタルのヒビ割れに注意!
ヒビを埋めるだけの間違った
コーキングしてませんか?!

木 造

木部から内部に水が浸入

単層式(ペンキ) 複層式(防水型)

単層式(ペンキ)

同じネタを塗り重ねる(3回)
色はきれいになるが防水能力は
3〜5年

複層式(防水型)

トップを塗る下に防水膜を(4回)
色がきれいになるだけでなく防水効果も
8〜10年に

壁面防水  

壁面防水

防水膜(エマルジョン)5回
優れた耐候性で建物の躯体まで保護
防水効果はなんと15年以上!!